格安SIMの選び方

格安SIMには、音声通話付きの格安SIMカードとデータ通信専用の格安SIMがあります。音声通話付きの格安SIMは、 070、080、090から始まる電話番号がもらえます。

データ専用の格安SIMと比べて月600円から900円ほど月額料金が上乗せされます。データ通信専用の格安SIMでも、無料の050の電話番号を使ったり、LINEアプリの無料通話を利用して通話もできます。しかし、データ通信のできない電波の悪い所では通話もできなくなります。

データ通信専用SIMカードでは、警察消防など119番の緊急電話はできません。こうしたデメリットもあるので私の意見は音声通信付きSIMを選んだ方がいいと思います。

toneスマホ評判.top

音声通話付きSIMでは、留守電のサービスもつけられます。通話を利用する機会が多い人は、電話番号を持っていた方が万が一のときも安心です。電話番号はすでに持っていてサブでデータ通信のできるスマートフォンが持ちたい場合には、データ通信専用SIMがうってつけです。月額料金も安く抑えることができます。データ通信では、低速から高速のものまであります。

また従量制と定額制も種類が豊富で自分のニーズにあったものを選ぶことができます。